蜂がでたらすぐに退治しよう│蜂の生態や危険性

男性

安全面と対策

虫

蜂は危険な毒を持っていて、巣に近づく人や刺激を与えるようなことがあれば襲ってきます。退治しようと考えている人は蜂の危険性や防御法などを知っておきましょう。蜂に刺されてしまうと命に関わるという情報は多くの人が知っていると思われますが、それ以外にはどのような症状があるのかわからない人も多いでしょう。症状としてはまず、おう吐や目眩などの症状が起きて、顔が青白くなってしまいます。これは軽い症状でそれがどんどん酷くなると、呼吸困難などになってしまい最悪の時は命を落とすかもしれません。これらの症状は蜂の毒によるアレルギー性ショックで、アナフィラキシーショックとよばれています。万が一刺されてしまった場合は、その部分を指で強くつまんで毒を出しましょう。そうすることで毒が身体の中で巡るのを防ぐことができます。その後は刺された部分を水で洗い流し、氷などで患部を抑えて冷やしてください。このような応急処置をしておけば、最悪の事態を回避することができるでしょう。この対処はあくまで応急処置なので、何も起きないから大丈夫という訳ではありません。すぐに救急車をよんでください。退治する時に大切なのは、蜂を刺激しないということです。蜂の中でもスズメバチは警戒心が高いため、ちょっとしたことでも襲ってきます。退治する時は刺激しないように着ている服にも注意しましょう。蜂は黒や黄色などの色に反応するというデータがあるので、蜂の巣に近づく時はできるだけ無地で白のものを着用することをおすすめします。甘い匂いがするものに近づくという習性もあり、ジュースやお菓子を持っていると襲ってくる可能性が高くなります。こういった情報を持つことで、退治する時や対策をとるときに役立てることができるのです。